東アジアヘルスプロモーションネットワーク

東アジアヘルスプロモーションネットワーク

私たちは、「東アジアヘルスプロモーションネットワーク」を形成し、その基盤となる住民の主体的参加、ネットワークづくり、人材の育成、住民組織や活動の発掘と、その活用を進めていきたいと考えています。

設立の主旨

到達目標 少子・高齢社会に対応した持続可能な健康社会の創造

健康を生き方の資源としてとらえ、ひとり一人がそれぞれのQOLを向上させる力を持つことを最終目標とする「持続可能な健康地域」の実現をめざします。熊本を拠点に、東アジアの国々と地域に、それぞれの地域がそれぞれの地域に根ざしたヘルスプロモーション活動を効果的に推進することを可能にするネットワークを構築します。

センターの位置づけ

私たちのセンターは、地域づくりや生活の場における住民、産業、行政のパートナーシップによる活動と、その理論と技術を開発する大学などの専門研究・教育機関の橋渡し役を担っていきます。

センターの位置づけ